• 新潟国際藝術学院 版画授業

新潟県認可校 新潟の美術専門学校

新潟で本気で美術を学びたい

高度な専門的美術を習得し、アーティスト・画家を目指したい

絵画教室講師・イラストレーターになりたい

AO試験受験資格:高校卒業以上(最終学歴)
試験内容:面接・作品提出 

紹介 海外交換留学制度

新しい国際教育連携モードとして、提携校の瀋陽師範大学(中国国立大学)と協定を結びました。この教育課程を修得することができる者は、新潟国際藝術学院の卒業証書と瀋陽師範大学の大学(学士学位)卒業証書を取得することができます。
 この国際教育連携事業は美術・デザインおよび伝統芸術文化の教育を中心に、将来美術家になる夢を持つ学生に日中両国それぞれの教育環境を提供し、国際的な人材育成と美術教育の振興と発展を目指すものであります。

  1. 学 制: 新潟国際藝術学院佐渡研究院では2年間、瀋陽師範大学では2年間
  2. 定 員: 5名
  3. 資 格: 高等学校卒業者、及び卒業見込の者
  4. 選 考: 学校長、または美術・工芸教諭の推薦書及び面接の総合判定
  5. 学 費: 入学金は7万円、卒業まで学費全額は150万円程度

◇カリキュラム
美術学科留学科では日本と中国の絵画美術、デザイン分野を修得し、芸術活動の出発点を見つけることが美術学科の教育目標であります。

研究院では美術絵画基礎、デッサンと水彩画コース、瀋陽師範大学では水墨花鳥画コース、商業&環境デザインコースをすべて習得できるカリキュラムを組んでいます。同時に中国語文化(言語・歴史・地理など)も学べます。

◎授業時間 月曜日~金曜日 9:30~16:00

◎中国留学生活について 生活費は月約4万円。大学の学生宿舎(一人部屋、シャワー、テレビ、電話、インターネット)と学生食堂が完備してあります。

※短期交換留学募集も募中です。詳しくはお問い合わせまで。


卒業生の進路

東 俊達の水彩画作品

卒業生の言葉

私は幼少の頃から画家になることが夢で、新潟高校を卒業後の進路は東京芸術大学か海外の芸術大学に進むと思っていました。しかし、絵を学ぶことの本質を常に考えていた私は、大学に行く意義は学歴よりもそこで習得した内容だと思っていました。そしてこの条件が符合する学校は、有名と言われる学校ではなくこの新潟国際芸術学院でした。その理由の一つ目に学院長が国際的に影響力があり、新潟でもよく個展や国際的な展覧会を開き、芸術性の高い作品を発表し、私はその作品が大好きで、また作品だけではなく学院長の芸術に対する深淵な考え方に私に強く感銘を受けていたことです。2つ目に今、この現代はより国際的になり、日本国内だけの芸術教育では必ずしも質の高い芸術がうけられると限らないということです。この学院では、イギリスなどの欧米圏、中国などでより国際的で歴史が深く、多様性ある芸術に向き合うことができました。そして芸術の面だけでなく、今は英語、中国語も習得できました。3つ目は、分校が佐渡にあり、そこは芸術家としての創造力を養うことができ、絵を描く対象と純粋な気持ちで向き合える環境でした。都会の混沌とした環境では、より純粋に自然に対する生の証を感じることができないと思います。 大学に行くことは学歴のためだけではなく、人間を務めるという面から総合的に成長しなければいけないと思います。ここは一般的な大学と違い、生徒と先生の距離が近く、すぐそばで多くのことを学び、国際的な視野を広げ画家としてだけではなく、人間として良い人格を形成できた学校だと思います。そのため自分の状況に符合していたこの学校を選び、本質を見抜く力があった自分に満足しています。そして、卒業後今現在は、絵画教室、佐渡高校、中学校などで絵を教えたり、三越や海外で展覧会して多くの方に作品を収蔵してもらったり、芸術誌を書いたりと自分が1番好きなことをできていることに感謝しています。